まつげ美容液の副作用

MENU

まつげ美容液の副作用や危険性。色素沈着することもある?

まつげ美容液は、もともと緑内障治療薬の副作用として見つかったもの。

 

緑内障の治療をしている人が、プロスタグランジン系の点眼薬を使用していたところ、まつ毛が伸びたという副作用が多かったので、この効果からまつげ美容液が開発、販売されるようになりました。

 

そのため、まつげ美容液自体は危険なものではありませんが、使い方によって、体質や体調への影響に注意が必要です。

 

目の周りに用いるアイテムのため注意が必要

目の周りの皮膚というのは、他の部分と比べるととてもデリケート。
なので、人によっては、目の充血や眼圧低下、まぶたの垂れさがりといった副作用が出ることが、まれにあります。

 

どんなに効果が高いといわれているまつげ美容液でも、肌質によっては、使い方しだいで副作用が出てしまう可能性もあるため、注意が必要なんですね。

 

まつげ美容液の色素沈着は大丈夫?

まつげ美容液は、選ぶまつ毛美容液によって、また、使い方や体質によって、副作用が出る場合があります。

 

さまざまな副作用の中には、色素沈着の症状も。

 

以前まで販売されていたまつげ美容液の中には、「ビマトプロスト」という成分が配合されていて、この成分が色素沈着の原因だったことが分かっています。

 

そのため、現在、医薬品認定されているまつげ美容液には、この成分は含まれていないので、色素沈着の心配はなくなっています。

 

まつげ美容液を使用したあとは、雑菌などが入らないようにふたをして保管するなど、きちんと品質を管理することも忘れないようにしましょう。