まつげを伸ばす方法

MENU

まつげを伸ばす方法はある?

欧米人のようなボリュームあるまつげを目指すためには、やはり普段からのケアが欠かせません。

 

しかし、ケアしようと思っても、その方法が分からない人も多いのではないでしょうか。

 

まつげを育てるためには、何よりもダメージを少しでも少なくすること。

 

毎日のようにビューラーを使っている人は、ビューラーでのダメージを少しでも抑える工夫が必要です。

 

そして、まつげを育てるための栄養を与えることが欠かせません。

 

髪の毛をケアするとき、ダメージを抑えるため、トリートメントなどでケアしている人が多いと思います。

 

まつげも、同じようなケアが必要ということ。

 

まつげ美容液などを用いて、健康的なまつげを育てるための栄養を与えるようにしましょう。

 

また、その美容液の効果を上げるためには、血液の流れを良くすることがポイント。

 

マッサージなどを取り入れて、血行促進もプラスすると良いでしょう。

 

まつげを伸ばす方法。マッサージ、マツエク、マスカラ、食事…どれがおすすめ?

まつげ美容液を取り入れると、誰だって効果を得たいもの。

 

効果を高めるためには、マッサージがおすすめです。

 

目の周りというのは、クマができやすかったり、小じわができやすい場所でもあります。
ふだんからマッサージを行い、血行促進をうながしておくと良いでしょう。

 

また、「マツエクをしたら、まつげが伸びた!」と感じている人もいます。

 

じつは、マツエク自体で伸びているのではなく、マツエクをすることで、今まで使っていたビューラーを使わなくなり、まつげへのダメージが減っているんです。
そのため、まつげに負担をかけることが少なくなって、まつげが伸びやすくなったと感じているのではないでしょうか。

 

そして、一時的にまつ毛を伸ばしたいという人は、マスカラを使うこともおすすめ!

 

今ではさまざまな用途に応じたマスカラが販売されていますよね。
長さを出してくれるタイプのマスカラを使えば、一時的なロングまつげをかなえることができますよ♪

 

さらに、日常の基本的なことから、まつげケアをしたいと考えている人には、食事の見直しがおすすめ。

 

健康的なまつげを育てるためには、ふだんの食事も重要なんです。

 

まつげを伸ばすためには、たんぱく質やビタミン、ミネラルが欠かせません。

 

牛乳や卵、納豆、野菜などには、たんぱく質やビタミンやミネラル成分がたくさん含まれています。
これらの栄養を、しっかりと体の中から取り入れることで、まつげケアにもつながりますよ!

 

とくに、イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをもつ成分。
イソフラボンを摂取すると、まつげを健康な状態に導いてくれるだけでなく、髪の毛や肌にも良い効果をもたらしてくれますので、イソフラボンは、女性にとっては積極的に取り入れておきたい栄養素といえるでしょう。